SERVISE

表示速度改善

Webページの表示が遅すぎてブラウザを閉じてしまったことはありませんか?
あなたが運営しているサイトもユーザーにストレスを与えて離脱を引き起こしているかもしれ
ません。 弊社ではGoogleが2021年6月から導入する新たなSEO指標の一つ、
「Core Web Vitals(コアウェブバイタ ル)」の対策・改善を行い、貴社のサイトを超高速にします。

コアウェブバイタルとは?

Webサイトを訪れたユーザーが、ページ表示の遅さや、意図しないページ遷移などの
ストレスを感じずに、Webサイト上で優れた体験ができるかを数値化し、指標として
Googleがまとめたものです。 LCP、FID、CLSの3つの指標に分類されます。

読み込み時間(Largest Contentful Paint)

御社のお悩みを解決!
読み込みパフォーマンスを測定した数値です。
ユーザーがページ上で最も有意義なコンテンツをどのくらい早く見ることができ
るかを表します。 UX最適化にはページ読み込み開始から2.5秒以内に描画され
ることが望まれます。

インタラクティブ性(First Input Delay)

御社のお悩みを解決!
レスポンスが良いかどうかの数値です。
ユーザーがクリックしたあとにページレイアウトが変化する時間が⻑い、
クリックの反応があるのかないのかわからない、といった場合は減点対象になる
でしょう。 UX最適化には値が100ミリ秒未満である必要があります。

コンテンツの視覚的安定性(Cumulative Layout Shift)

御社のお悩みを解決!
読み込みパフォーマンスを測定した数値です。
ユーザーがページ上で最も有意義なコンテンツをどのくらい早く見ることができ
るかを表します。 UX最適化にはページ読み込み開始から0.25秒以内に描画され
ることが望まれます。

コアウェブバイタル対策の概要

ここにあるのは一例です。 実際にはHTMLやCSSの構造、JavaScriptによるアニメーションの状況に応じて、より効果を発揮する施策から順に実施いたします。

  • CSS の最小化
  • ウェブフォント読み込み中の全テキスト表示
  • 適切なサイズの画像
  • オフスクリーン画像の遅延読み込み
  • 使用していない CSS を削除
  • 次世代フォーマットでの画像の配信
  • テキスト圧縮の有効化
  • 効率的な画像フォーマット
  • サーバー応答時間の遅延改善
  • レンダリングを妨げるリソースの除外
  • 複数ページリダイレクトの回避
  • メインスレッド処理の最小化

無料オンライン相談※SkypeやZoomで対応可能です

ご相談・見積もり・お問い合わせ